相続遺言判決実例集…(最判・昭和28年4月23日民集7巻4号396頁)


  • (最判・昭和28年4月23日民集7巻4号396頁)
 

(最判・昭和28年4月23日民集7巻4号396頁)


 (最判・昭和28年4月23日民集7巻4号396頁)

「戸籍抄本中の「昭和20年8月13日時刻不明比島ルソン島マウンテン州カラパンで戦死熊本県知事桜井三郎報告同23年10月8日受附』なる記載は,原告1(被上告人)が諸般の状況によりその所属していた南方軍築城支部が作業に従事した股終日である前記日時,場所附近で戦死したものと認定する旨の認定官の認定に基き戸籍法89条の報告により登載されたものと認定すべきであり,かかる場合原告は,反証のない限り右戸籍簿登載の死亡の日に死亡したものと認むくきである。」

 


 

 


 

 
相続遺言判決実例集